鋼板流通の価値創造から、 未来社会の“協進”へ

創業から今まで、
そして、これからを

五十鈴グループは、1952年創業から、産業の中枢を担う素材、近年は環境配慮した地球にやさしい素材としても注目されている「鉄」、その薄鋼板の加工・流通・物流を担うコイルセンターとして業界№1シェアのみならず、リーディングカンパニーとしての指名や役割を果たしてきました。
業界全体の発展・成長を目指し、自動化・省人化の先陣を切ると共に、鉄鋼メーカー・商社・自動車関連等お客さまとの協働で最適鋼板流通ビジネスを展開し、常に時代に先駆けてイノベーション(変革)し続けました。さらに2010年代からは、コイルセンターから「サービスセンター」へ、そして「バリューセンター」と業態・業容を変貌・拡大し、 「全員参画経営」であらたな価値を創造し続ける企業体としての進化・成長を図ってきました。
この鋼板流通の世界で70有余年に亘り、モノづくりや流通のあらゆる進化に携わってきたからこそ、その現実的な痛みをわかり、それを乗り越えていく過程の組織の可能性を追求してきました。
これからは未来社会に向けて、これまでのケイパビリティを拡大し、新たな多種多様なパートナーとともに「未来社会創造企業」としての挑戦をすでにはじめています。

未来社会への成長シナリオ

未来社会創造企業として、取り組むべき課題は、さまざまですが、中でも「循環型」「超高齢化」「デジタル社会」などに対して、私たちが築きたい、実現したい未来社会のビジョンがあります。それらへの私たち五十鈴と多種多様なパートナーとの取り組みを「未来社会協進プロジェクト」と呼び、意図的・偶発的な、協創を重ね、リアルに活かせるカタチに昇華させる進化のシナジーを起こす「協進」に挑んでいます。

次なる10年未来社会創造企業へ

より良い未来社会を築くための
「未来社会協進プロジェクト」。
これらプロジェクトのビジョンや想いに
共感・共鳴する
あらたなパートナーを探しています。

未来社会協進プロジェクトのご紹介

CONTACT お問い合わせ

五十鈴グループの取り組み、
事業に興味を持たれたら、
お気軽にご相談ください。