ニュースリリース

2021年

「五十鈴グループビジョナリーレポート2021」を発行しました

企業情報

2021.09.01

VR2021_hyoshi.jpg「五十鈴グループビジョナリーレポート2021」を発行いたしました。

五十鈴は「ビジョナリーカンパニー」を目指しています。
ビジョナリーカンパニーとは、「揺ぎない理念を実践することで、時代を超えて常に組織として成長・進化していく企業体」であり、五十鈴流に言えば、「気分よく働け、業績がよく・自己成長する会社」です。
私たちは、地球市民としてあらゆるステークホルダーの皆さまとの協生・協栄を通じ、創発的な価値を生み出す「協創」のプロセスを育んでいきたいと考えています。

その一つとして、五十鈴グループの進化やステークホルダーとの協創の軌跡を 「ビジョナリーレポート」として整理しています。本レポートを通じて、ビジョナリーカンパニーを目指す私たち五十鈴グループについて、ご理解とご興味を深めていただける機会になれば幸いです。

昨年2020年度は、2010年からスタートした五十鈴グループ長期経営目標「Will-Navi」のゴールの年でした。
コイルセンターからサービスセンター、そしてサービスセンターへ、私たちの業態を進化・拡大し、全社員でこの長期ビジョンの実現に携わる全員参画経営を実践してきた10年でした。
その進化の要因には、各部門・各社が、世の中の変化を予測・対応しながらも、自分たちが目指す組織の姿や意志(=Will)を持ち、主体的・創造的に取り組みや組織プロセスがあります。

そこで、「ビジョナリーレポート2021」では、各部門・各社の取り組みとそこから根づいた組織としての考え方や価値観(=アイデンティティー)の進化をご紹介します。

本レポートを通じて、多くのステークホルダーの皆さまとの「協創」の輪が広がることを願っております。

 以下よりダウンロードいただけます。
【閲覧用(A3見開き)】http://www.isz.co.jp/csr/report/2021_A3.pdf
【印刷用(A4)】http://www.isz.co.jp/csr/report/2021_A4.pdf