最適鋼板流通システム ATOM

世界のスチールマーケットに、あらたな価値をもたらすために

ますますグローバルに進化し続ける鋼板流通マーケットの中で、五十鈴は、既存のコイルセンターの領域にとどまることなく、世界のスチールマーケットに最適鋼板流通サービスを展開し、あらたな価値創造の担い手となります。
最新鋭の基幹システム「ATOM」が、あらたな価値をもたらす、創発バリューエンジンです。
母材調達~発注~加工~配送など全てのプロセスのフルオートメーション化・IT化の実現を目指し、あらゆるお客さまの購買戦略・業務変革の推進に適応していきます。
それら機能・サービスのシナジーを高めるのは、人・組織そしてグループのソリューション力・マネジメント力です。お客さまの戦略パートナーとして、五十鈴はこれからも世界のあらゆる未知なる期待やウォンツに応え続けます。

基幹システム ATOM
2007年に6年の歳月を重ねてグループのナレッジを結集して開発された基幹システム「ATOM」。
受注から出荷までのリードタイムを短縮し、「受注したら翌日納品(D+1)」体制をIT化・フルオートメーション化を駆使し、「必要な材料を、必要な時に、必要なだけ」を実現しています。
ATOMこそが、最適鋼板流通に創発バリューを生むエンジンなのです。

※各サービスは、クリックしていただけると確認いただけます。

発注・デリバリサービス

お客さまの知りたい情報をいつでもリアルタイムで把握
お客さまのさまざまな購買計画・生産計画に応じた納入体制の実現を、基幹システム「ATOM」による注文から配送までの一貫したトータルシステムでお応えします。
さらにお客さまのご注文内容に関する、入庫状況・加工進捗状況・配送計画などの全てのプロセスが、いつでもリアルタイムで把握でき(EDI連結をいただいているお客さまなら、お客さま社内のシステムでご覧いただけます)、あらゆるご要望にもきめ細かく対応し、お客さまへの最適供給はもとよりお客さまの購買業務の効率化にも寄与します。

企業間EDI

ページトップへ

最適物流サービス

ジャスト・イン・タイムの納入体制を可能にする
お客さまの納入時間を起点に、入庫、加工、配車など全ての工程プロセスを設計・展開する「ATOM」なら、お客さまの望むジャスト・イン・タイムの納入体制を実現します。約22,000t、38,000件にもおよぶ製品在庫を、コイルは本数単位、シートは梱包単位でリアルタイムに管理するとともに、ワーレックス・五十鈴倉庫のロジスティクス機能を発揮し、お客さまの大切な製品を、より安全に、より正確に、お客さまの置き場レイアウト・体制に合わせた納入体制を可能にします。

自動配送システム

ページトップへ

加工・品質管理サービス

お客さまの上工程を圧倒的なQCD体制で担う
めまぐるしいスピードで、日々進化を遂げる製造メーカーの技術革新に適応し、あらゆる素材の取り扱いおよび加工技術の進化を図っています。特に、近年の環境問題への対応を図るため、ハイテン鋼板加工を充実させています。
基幹システム「ATOM」と直結した、自動工程・自動クレーン・自動ラック・自動通板などライン内のフルオートメーション化で、さらなるリードタイムの短縮を可能にしています。
また、お客さまの要望する100通り以上もの品質管理項目をデータベース化し、五十鈴独自のより高い品質基準・品質管理体制でお客さまの求める品質づくりを実現していきます。

フルオートメーション工場化

ページトップへ

最適仕入サービス

充実した仕入ルートとグループネットワークを活かして
お客さまの鋼板に対するご要望は価格、品質、加工性、成分等多岐にわたります。それらのご要望に応える最適な鋼板を納入するために、五十鈴はグループネットワークと戦略的な販売、仕入政策のもと、仕入から納入までのトータルコーディネートを行い、外部環境に左右されない長期安定供給を行います。

グループ仕入機能

ページトップへ

流通コーディネートサービス

情報価値を生む「新最適」な流通創造へ
近年の商社業務の委託実績とそこから培ったナレッジ(知)、そしてさらに拡がる五十鈴グループ内外の流通ネットワーク(パートナー)によるお客さまへの流通コーディネートノウハウ、IT・BPRソリューションの数々の実績を通じて、五十鈴の流通コーディネートサービスに、ますます期待が高まっています。
既存の流通プロセスにとらわれることなく、鉄鋼メーカー・商社・ユーザーを、情報価値・機能価値などの価値の連鎖(バリューチェーン)を図り、五十鈴ならではの「新最適」の流通を創造します。

SCM

ページトップへ

service

  • 最適鋼板流通システム
  • 五十鈴グループの経営協創サービス
  • 成長戦略の促進
  • 生産現場マネジメント強化
  • 業務プロセス改革
  • サプライチェーン最適化
  • 人財開発・教育
  • 現場力(組織力)向上
  • 経営基盤強化
  • 提供事例