TOP MESSAGE

トップメッセージ

夢の実現のため
五十鈴は進化し続ける

五十鈴株式会社
代表取締役社長
鈴木 貴士 SUZUKI TAKASHI

五十鈴は「ビジョナリーカンパニー」(※)を目指しています。具体的には「気分よく働けて、業績がよく、自己成長できる会社」、そして地球市民として世界に貢献することを志し、独創的な組織づくりを展開しています。

戦後、日本の高度経済成長を背景に、力強く躍進した五十鈴は、鉄鋼薄板問屋から大きく飛躍しました。現在はスチールサービスセンターを中核に、ロジスティクス、ソリューション、ライフサービスと機能を拡大しグループ経営を実践しています。

五十鈴の最大の強みは「人と組織」、そしてその物の見方・考え方です。ですから「組織」の価値と働く「人財」の価値が自律的に高まり、両者が創発的に融合することで企業価値を創出する経営を試み、たゆまず実践し続けてきました。

今日では、五十鈴は創業者の強いリーダーシップにより「時を告げて」いた時代から、全員参画で「時計をつくる」設計者の集団に大きく変身しました。創業者精神を大切にした理念経営を実践しながら、同時に将来に向けた進化を重ね、世界を舞台にした「バリューセンター」への挑戦をはじめています。

我々の原動力は、「そうありたい」と願う大きな夢と志です。
2021年からは、次のビジョンを掲げ、新たな挑戦がはじまっています。
自分たちの将来は自分たちで創るのです。それを仲間と一緒に会社を通して大きなものにして、世のため、人のため、世界のために貢献しようという物の見方・考え方がある人、そういう価値観を持っている人財を我々はいつでも求めています。

  • ※「ビジョナリーカンパニー〜時代を超える生存の原則〜」
    ジェームズ・C. コリンズ/ジェリー・I.ポラス(著)(日経BP社)

Page Top