• いつでも、どこでも、あたらしい 五十鈴グループ
  • No.1 新しい仕事を「創る」システム
  • No.2 システムと人のコラボレーション
  • No.3 日常が「協創」
  • No.4 全員がプロデューサー
  • No.5 全社員でのCSR
  • No.6 材を「財」に変える
  • No.7 参加ではなく「参画」

いつでも  どこでも  あたらしい  No.03 / 経営活動・戦略推進活動に直結する小集団活動

日常が「協創」
五十鈴の小集団活動(IOC)は、将来の企業価値を見出すものであり、中期戦略の推進そのものであり、
五十鈴が進化しつづける組織体であるための根幹をなす活動です。
五十鈴グループの約60チームが3年先の変革テーマを見据え、お客さまをはじめとするあらゆる社外の人々との「協創」を繰り広げていきます。
「夢を現実のものにする」。その鍵は、日常からの変革活動です。
自分たちの営業プロセスや働き方や協働のあり方を日々変革し続けること。その過程に、五十鈴の組織力のベースがあります。

IOC活動=(Isuzu Organization Change/五十鈴組織変革活動)
  • お客さまの夢×自分たちの夢

    世界中のお客さまのこうありたい、こんなことを実現したい。
    その夢が私たちの活動のスタートです。現状の問題発ではありません。
    お客さまの夢と、そのマーケットでの五十鈴の夢とが重なることで「協創」がはじまるのです。
    お客さまとの協創プロジェクト数は常時50以上。
    毎日があらゆるお客さまとの挑戦の積み重ねです。

  • 工場も営業、事務所も営業…「全員営業」が基本

    お客さまとの接点は、果たして営業職だけなのでしょうか?
    お客さまのさまざまな組織や場所(=現場)で、新たな問題や新たな思いが日々生まれています。お客さまの経営の現場も同様です。
    その声や思いをもとに、お客さまの現場と五十鈴の現場とで、協創シーズを見出していきます。それらを、営業、事務所、工場社員など組織一体となって展開するのが、五十鈴の全員営業です。
    この体制がIOC活動推進のベースとなっています。

  • 新サービス、新事業が生まれる開発プロセス

    これまでのマーケットや世の中の常識を超えて、新しいものを生み出す。その展開プロセスに、唯一の望ましい方法などは存在しません。
    協創テーマによって、そのアプローチも道筋も、協働先も違い、多種多様なプロセスが生まれていきます。
    そのため、新サービスや新事業の開発のタネは尽きず、価値が価値を生む、そんな連鎖が各現場で生まれています。

    IOC活動ダイジェスト

続きは、五十鈴の現場で…

五十鈴では、企業のお客さま向けにノウハウ満載のサービスセンター見学ツアーを実施しています。

五十鈴見学ツアー(所要2時間程度/有料)

  • オフィス・工場内をご案内
    ご覧になりたいテーマを中心に、オフィス・工場内をご案内します。
  • 直接社員がご質問に回答
    そこで働く社員が、質問に直接ご回答します。
  • ディスカッション
    御社の課題に応じて、意見交換をいたします。

五十鈴見学ツアーお申し込みまでの流れ

五十鈴見学ツアー お問い合わせ・お申込み

ご不明な点がございましたら03-5563-0781(五十鈴グループ広報担当:アイ・コミュニケーションズ 見学受付係)までご連絡ください。