• いつでも、どこでも、あたらしい 五十鈴グループ
  • No.1 新しい仕事を「創る」システム
  • No.2 システムと人のコラボレーション
  • No.3 日常が「協創」
  • No.4 全員がプロデューサー
  • No.5 全社員でのCSR
  • No.6 材を「財」に変える
  • No.7 参加ではなく「参画」

いつでも  どこでも  あたらしい  No.06 / 多様性を活かし、自律性を高める人財育成システム

材を「財」に変える
五十鈴は、人は財産=「人財」であると信じ、育成や教育こそ重要な未来投資と捉え、その機会の充実を図ってきました。
人にはそれぞれに異なる「強み」や「個性」があり、それを見出し、発揮することで、「人財」として花開きます。そのため、
100人いれば100通りの成長の仕方があるのです。
育てるのでなく、「人が育つ環境」を創る。
ここに多様性ある人財を輩出し続けるカギがあることに私たちは気づきました。
  • みんなが未来への地図を持つ

    従来型の能力実力主義の考えのもと、やりがいの向上と人材の登用を図る人事管理システムでは、これから起こりうる変化に対応できないという危機感も新たな人財開発の仕組みを見出すきっかけでした。「一人ひとりの自己実現が組織の成長につながる」それが新人財開発システム(IVC)の考え方です。
    そのため、本人の意思や夢を育み、一人ひとりが未来への自己成長の地図(=キャリアマップ)を持つこと。それが新たな人の可能性を組織で育む第一歩となっています。

    IVC=(Isuzu Value Creation/五十鈴人財価値創造)

  • 誰もがコーチ、カウンセラー

    五十鈴には人事部はありません。
    けれども、五十鈴の社員の誰もが、所属する組織を越えて、あらゆるシーンで、相手のキャリアを見出すカウンセラーであり、成長を手助けするコーチになります。
    その人にとっての成長の場面はいつ、いかなる時に訪れるかわかりません。
    周りにいる社員皆がその人の成長の大事な機会を逃さないようにしているのです。

  • 「発揮」…。それが人が育つ最良の機会

    一定の知識の習得や物の見方や考え方の啓発などOFF-JT教育は必要です。
    けれども、それ以上に、あらゆる現実の場面で、困難に立ち向かいながら、あるいは強い使命感をもちながら、「発揮」「挑戦」した時に、人は大きく成長することを私たちは知っています。
    「どれだけの成長フィールドを創れるか?」
    「あらゆる機会を成長フィールドにすることができるか?」
    常に私たちは、この問いを自らに投げかけ、機会を創造しています。

続きは、五十鈴の現場で…

五十鈴では、企業のお客さま向けにノウハウ満載のサービスセンター見学ツアーを実施しています。

五十鈴見学ツアー(所要2時間程度/有料)

  • オフィス・工場内をご案内
    ご覧になりたいテーマを中心に、オフィス・工場内をご案内します。
  • 直接社員がご質問に回答
    そこで働く社員が、質問に直接ご回答します。
  • ディスカッション
    御社の課題に応じて、意見交換をいたします。

五十鈴見学ツアーお申し込みまでの流れ

五十鈴見学ツアー お問い合わせ・お申込み

ご不明な点がございましたら03-5563-0781(五十鈴グループ広報担当:アイ・コミュニケーションズ 見学受付係)までご連絡ください。